パグの抜け毛対策はコードレスクリーナーでまめな掃除が基本

グッズ

これからパグを飼おうとしている人がいたら頭に入れておいた方がいいことがあります。それは抜け毛が多いことです。

換毛期でおしりの毛がモコモコ

きれい好きな人は悩むでしょうね。僕は平気ですが、その辺りの体験を紹介します。寒さが和らぎ、ポカポカとした陽気が続くある日のことでした。愛犬のおしりのまわりの毛がモコモコとしていることに気が付いたのです。初めは皮膚の病気かと思いました(背中にかさぶた、抜け毛が多い原因は皮膚病か)。いろいろ調べたところ、換毛期の現象ということがわかったのです。

どんな対策よりも掃除が重要

パグの体は上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)というダブルコートでおおわれています。寒い時期は下毛が生え、暑い時期は抜けるという性質があります。この時期の抜け毛は半端ではありません。一般的な対策としてブラッシングが推奨されていますが、大した効果はないでしょう。暖かい季節は散歩から帰ってきて、愛犬の体をシャワーで濡らして懸命に毛も抜きます。ただ、そんなことは気休め程度です。一番重要なことは、当たり前ですが掃除です。

疲れにくいクリーナーを使う

当たり前なことにもポイントがあります。床掃除で机の上を掃除するようなハンディタイプは疲れます。立ったまま無理のない姿勢で掃除ができるスティックタイプのコードレスクリーナーを使うことです。以前はコード付きの掃除機を使っていました。しかし、パグの抜け毛は1日1回の掃除では足りません。部屋の中を歩いたり、ブルブルっとやったら毛がポロッポロッ。気が付いたら掃除。その繰り返しです。そんな状況で掃除機を引っ張り出してコードをコンセントに差してなんてやってられません。サッと出してサッと吸引。この感覚なのです。

マキタのクリーナーはおすすめ

nukege2

ちなみにいま使っているコードレスクリーナーはマキタのCL180FDRFWです(本体:CL180FD、リチウムイオンバッテリー:BL1830、充電器:DC18RA)。いつ買ったのかは覚えていませんが、発売は2009年。だいたい家電製品を買う時は新製品を選ぶので5年以上は使っていると思います。まだ現役バリバリ。マキタは業務用の世界で有名なメーカーのようなのでさすがに丈夫です。

実はその後CL181FDRZWという姉妹機(後継機?)が発売されたみたいです。違いは主電源のオンオフ機能が付いたこと。確かにいま使っているクリーナーは人差し指で押しっぱなしにしないと電源が入らないので疲れます。その不満点が解消されたのです。ゴミはサクッと捨てられるカプセル式ですが、もっときれいに使いたい人は紙パック式のCL182FDRFWという製品もあります。

人気はダイソン、家電は新製品を選んだ方がいい

掃除機の人気はダイソン製品のようです。まあ、結論としては手軽に床掃除ができて疲れにくいコードレスクリーナーを常備すること。家電製品は不満点が改善されて進化していくので、新製品を選んだ方が無難です。いまは軽くて吸引力が高いコードレスクリーナーがたくさんあると思いますよ。

楽天市場 コードレス式(充電式)クリーナーランキング