犬の里親募集を見て、様々な費用や厳しい条件があることを知って驚いた

ペットロス

愛犬が亡くなってから時間が経過し、少し気持ちに余裕が出てきたのでしょうか。気が付いたら、ネットで犬の里親募集を見ていました。

パグを飼っている時に殺処分の現実を知った

このブログに載っているパグは2匹目の犬です。ペットショップで購入しました。室内で犬を飼うことは初めてだったので、様々な本やネットで調べました。その過程で殺処分の現実を知ったのです。

いつかは保護犬を助けたいと思っていた

ショックでした。犬を買ったことに後ろめたさを感じました。すべの保護犬を助けることはできませんが、いつかは小さな命を救ってみたいと思っていました。

犬の里親募集をしているサイト

犬の里親募集を載せているサイトを見てみると、またしてもお金がかかることを知りました。次が確認したサイトです。

・ペットのおうち

ペットの里親募集情報
「ペットのおうち」は全国のペット里親募集...

・ジモティー

ジモティー 無料の広告掲示板
【ジモティー】全国の無料広告の掲示板、ジモティー。中古品や求人情報などが無料で掲載できます。全国の地元情報が満載。

・いつでも里親募集中

いつでも里親募集中
いつでも里親募集中,トップページ

・anifare(アニフェア)

保護犬猫の里親募集 アニフェア | 獣医師賛同型の保護犬・保護猫の里親募集サイト
保護犬保護猫の獣医師賛同型 里親募集サイトです。anifareは動物病院での健康診断・飼育アドバイスを行なったうえで保護犬・保護猫のお引き渡しをします。

保護団体が関わると譲渡費用が発生するらしい

ざっくりと説明すれば、保護団体が関わっていると、譲渡費用、ワクチン代、避妊・去勢手術費、移動費などがかかるようです。その他、里親の条件も厳しいです。保健所の条件も見てみましたが、パグを飼い始めた頃の生活環境ではなくなったいまの僕には無理。泣く泣く犬を手放す人がいて、受け入れたい人がいる。それだけでは成立しないとイメージです。保護犬を助けることは大変なのだとつくづく感じました。

スポンサーリンク
ペットロス
パグの飼い方がわかった