手作りご飯に替えたら愛犬が健康になった

健康・病気

4歳になった愛犬が2度目の膀胱炎になったことをきっかけに(食欲不振に血尿、膀胱炎は再発するので注意)、ドッグフードをやめて手作りご飯に替えました。結果は大成功。その体験を紹介します。

須崎先生の本に影響を受けた

動物病院の先生から石がたまりにくくなるドッグフードをすすめられて悩みました。一番の理由は高価であること。いろいろ調べてみて、手作りご飯という選択肢があることがわかりました。

本も読んでみたのですが、そのほとんどは須崎恭彦先生が書いたもの。初めは「この人、ペットフード協会にケンカをうってるなあ」と思いましたが、よくよく考えてみると僕も以前飼っていた犬は手作りご飯でした。何でもかんでも突っ込んで味噌汁も入れて温めて出来上がりです(実際には父が作っていました)。しかも外で飼っていたのに14歳まで生きたのです。

楽天市場 須崎恭彦先生の本

与えてはいけない食材を知り、気楽に作る

とりあえず、与えてはいけない食べ物があることがわかりました。一番はネギ類。甘いものが体に悪いのは人間と同じで、特にチョコレートが中毒を起こすということは初めて知りました。カロリー計算や食のバランスを考えすぎたら続きません。あまり深く考えずに自分が食べるものとほとんど同じもので気楽に作っています。ポイントは次の通り。

tezukurigohan2

・ネギ類など与えてはいけないものは除く。
・大別すると「お米」「野菜」「肉」で構成。
・食材の品数は多くする(色数も判断基準になる)。
・調味料による味付けは一切なし。
・量はウンチのかたさで判断。

愛犬の手作りご飯、簡単なレシピを紹介
皮膚病に血尿、生姜(しょうが)パワーで撃退

冷蔵庫に1日分をストックしておく

これらを毎晩ストックして冷蔵庫に保管します。成犬になってからは朝晩の2回。鍋にこれらと少量の水を入れて数分煮込んで終了です。手作りご飯は何でも完璧に行おうとする人や面倒くさがりな人には向いていません。これで病気知らずの愛情がこもった健康パグライフが送られるのですから、興味がある人は是非とも取り組んでみてください(皮膚病は膿皮症か、食事療法を中心に経過観察中)。